スキー・スノーボードのチューンナップサポート選手一覧

センタースポーツ「Powers」がサポートさせていただいているスキー、スノーボード選手をご紹介させていただきます。

プロ選手からインストラクター、現役のレースにでられる方もサポートをさせていただいています。

チューンナップ実績

当店は、レースや大会に出場する選手のサポートをさせて頂いています。レース経験のあるチューンナップ職人が滑りやすい板づくりにこだわって板をその方の滑りに合わせてチューンナップをしていきます。

第26回JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権優勝ライダーをサポート 

第26回JSBA全日本スノーボードテクニカル選手権優勝ライダー

日本スノーボード協会が主催するスノーボードの滑りを競う大会です。その大会で当店がサポートしている『駿河涼一』選手が見事、優勝をしました。2位と0.06秒の差で初優勝を果たしてくれました。非常に嬉しいです。

駿河涼一 スノーボード アルペン

彼のライダーとしての技術はもちろんすごいのですが、板の性能を十二分に発揮するためにチューンナップでお手伝いをさせていただきました。以前は当店以外でチューンナップをしていたんですが、今回当店でサポートをさせていただき、見事優勝を果たしてくれて非常に嬉しいです。

優勝ライダー:駿河涼一からみた当店のチューンナップについて

「社長のおかげで0.06秒の差で優勝!!」
昨年は、準優勝でしたがトップとの差は大きく感じていました。そこで板のチューンナップ先をセンタスポーツパワーズさんに変えました。

自分の滑りについて色々聞いてくれて、今の状態の不満点を伝えました。

「今までは、走ったり走らなかったりしたんですが、チューンナップしてもらって今までより走るようになり、エッジが必要以上に引っかからなくなりました。ちゃんとスライドさせれて、エッジを噛ませたいときに噛ませれるようになり、今までよりも自分のイメージ通り滑ることができるようになりました。社長が親身に自分の滑りを聞いてくれてチューンナップをしていただいたのが、仕上がりが大きく変わってきたのだと感じています。

駿河涼一選手プロフィール

【主なリザルト】
JSBA 全日本スノーボードテクニカル選手権大会
アルパインカテゴリー

2020年 第27回 4位
2019年 第26回 優勝
2018年 第25回 準優勝
2017年 第24回 5位
2016年 第23回 8位
2015年 第22回 6位
2014年 第21回 4位
2013年 第20回 7位

【契約スポンサー】
ボード: SG snowboards
ブーツ:UPZboots
プレート: IRONROCK
WAX: FNX WAX
EYE WEAR: neve snowfield
その他:
SRW Skates
NIWA JUN
センタースポーツパワーズ
たけし接骨院
nous hair
4DT
JapanSnowboardAcademy
DOPExARROWS


【所属】
JAPAN SNOWBOARD ACADEMY(代表 杉本孝次)
・高鷲スノーパーク ・ダイナランド ・ひるがの高原スキー場 をメインに非常勤インストラクターとして10数シーズン所属
・一般レッスン ・インストラクター研修担当
・JSBA インストラクター検定会検定員

スノーボーダーを増やしたい! スノーボーダーが増えれば メーカーもショップもゲレンデも嬉しい! 何より、自分の好きなスノーボードをみんなに楽しんでもらいたい! そんな思いですが、自分1人では限界があるから、同じ思いを持って スノーボーダーを増やすことに重きを置けるインストラクターの育成に力を入れてます。

【所持資格】
JSBA 公認 第13、16、17、18期デモンストレーター/A級インストラクター/A級検定員 SAJ公認 スノーボード正指導員

プロスキーヤーのチューンナップ

遠山 巧 (TAKUMI TOYAMA)
ニックネーム:きんちゃん

【スポンサー】
VOLKL. SKI MARKER. BINDHING DALBELLO. BOOTS ELECTRIC. GOGGLE&SUNGLASS DAKINE. WEAR&BAG&GLOVE MY PACKAGE. UNDER WEAR RETAILER. POLE POWERS. TUNE UP

【主なリザルト】
2013 ワールドカップ スロープスタイル 28位
2011 NZ OPEN スロープスタイル 8位
国内大会優勝多数

・出版物 フリースキーベーシックマニュアル監修 
・CM出演 日清カップヌードル(7 SAMURAI 編)

■現在の活動 2015-2016シーズンまでワールドカップを転戦し、翌年からはそれまでに行なっていた 国内でのレッスンや、ユースの育成、雑誌への寄稿などプロスキーヤーとして活動中。

 

チューンナップを依頼する理由

スロープスタイルではスピードを競う競技とは違い「とにかく早く滑るスキー」ではなく「どんな状況でも必要なスピードを得られるスキー」が必要となります。

渡辺社長に「どんな状況でも必要なスピードを得られるスキー」が必要であることを伝え、競技特性に見合ったスキーに仕上げて貰らってきました。過去にはチューンアップを施した板を国内で試さずそのまま海外へ持って行き、大会に臨んだ事もあります。自分の滑る環境を考えてチューンナップをしてくださっているということに信頼をおいています。

また、チューンナップだけではなく雪上でのエッジ調整の仕方や、ワクシングの基本も教えてもらい、より自信をもって大会に臨むことが出来ました。

しかし、スロープスタイルの競技特性上レールやボックスなどの人工物に乗るため、チューンナップをする事が一般的ではありません。(エッジが痛み破損してしまうため) ただ、競技の経験やレッスンの経験上、チューンナップしてあるスキーの方が安定したパフォーマンスを出すことが可能で、トリックによってはチューンナップしてある事でやり易くなることが明確になって来ています。

チューンナップを施すことで、スキーの滑走性と操作性が上がり、今以上にスキーが楽しくなると思います。

「こまかいチューンナップが分からない!」という方は是非センタースポーツ  パワーズさんへ行ってみください。 そして「きんちゃんと同じで!」と伝えてもらえたらあとは渡辺社長がばっちり仕上げてくれますよ!

チューンナップについてLINEで相談したい方へ

スキーやスノーボードの板の状況に応じて、

・滑走面の傷は修復できそうか?
・エッジの焼きは治るか?
・エッジがガタガタだけど復元できるのか?
・どのチューンナップコースを選ぶといいのか?

などいろいろと迷うことがあるかと思います。

以下のLINEに画像をとって送っていただければ、
板の状況をみて、ご相談にのります。

相談はもちろん無料です。

ぜひ、お気軽にLINEでご連絡ください。

チューンナップ  LINE相談LINEで相談する

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ、依頼は、0572-22-2506 までお願い致します。
「ホームページをみて、チューンナップの件で問い合わせしました」とお伝えください。営業時間は10時ー20時になります。
メールでのお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願い致します。