ホットワックスをかけている人必見!自分の板は大丈夫? ~焼けているかどうかの確認方法から正しいホットワックスのかけ方まで~

スノーボード メンテナンス

ホットワックスをかけると、板の滑走面が焼けるのではないか・・・と心配している方は多いのではないでしょうか?今回は、焼けているかどうかの確認方法から正しいホットワックスのかけ方まで、Q&A方式でわかりやすく解説いたします。

スノーボードメンテナンス

Q.滑走面が焼けた状態って見てわかるの?

A.ズバリ、見てわかります。下の写真をご覧ください。

スノーボードメンテナンス

まだらに脂っぽくテカっている部分(赤で囲んでいる部分)が強く焼けている箇所になります。白で囲んでいる部分が正常な状態です。

Q.滑走面が焼けたらどうなるの?

A.焼けてしまうと、プラスチックの素材が変質し、ホットワックスが入りにくくなってしまいます。場合によっては、滑走性が下がり、滑った時にひっかかることも。

Q.なぜ焼けてしまうの?

A.原因は、“ホットアイロン”にあります。アイロンの温度が高すぎたり、アイロンがけのスピードが遅かったり、何度も往復してかけたりすることで、熱で板が焼けてしまいます。

スノーボードホットワックス

ポイントは、「トップからテールへ同じ方向にアイロンをかけること」。でこぼこしていると気になって何往復もしたくなってしまいますが、ワックスが染みこんでいれば、表面が綺麗にならされていなくても問題ありません。

アイロンの温度は、外気の温度にもよりますが、例えば、10度のお部屋であれば120℃に設定するとよいでしょう。

アイロンがけの回数は、アルペンボードであれば2回、フリースタイルボードであれば3回で十分です。トップとテールは、細かく動かします。

1回目は、ワックスを垂らしてなでる程度にアイロンをかけ、2度目は体重をかけてゆっくりとアイロンをかけます。パチパチと音がしたり、煙がでたりしたら、焼けている証拠。その場合はすぐに中止しましょう。

Q.もし焼けてしまったらどうすればいいの?

A.もし焼けてしまったら、チューナーショップに持っていき、削るしか復元方法はありません。ただし、滑走面を削ることは、板の寿命を縮めることにもなるため、注意が必要です。

正しいメンテナンスで板を大事にしよう!

せっかくメンテナンスをしても、間違ったホットワックスのかけ方では、かえって板を傷つけてしまいます。正しいメンテナンスで、板を大事に保管しましょう。

 

2 Comments

現在コメントは受け付けておりません。