センタースポーツ「Powers」のチューンナップの良いところ

当店のスキー・スノーボードのチューンナップの皆さんに喜ばれている点をご紹介します。 多くの方から「板がものすごく走るようになった!」というありがたいお声をいただきます。 それには、仕上げにこだわっているからです。なぜ、当店のスキー・スノーボードのチューンナップが滑るのかぜひ、ご確認ください。

仕上げに一手間を加えて、走る板に仕上げていきます

通常のチューンナップショップでは、 粗め → 中目 →仕上げ のペーパーの順番で板を削っていきます。 当店の場合は、さらに一手間加えて、削った表面をより滑らかにして、雪と板がケンカしにくいように滑走面の削った部分をつぶして滑らかにする作業をしています。 だから、当店の板は滑ると皆さんに言っていただけます。

ストラクチャーを入れてより滑る工夫もしています!他店ではなかなか行っていないことです

ストラクチャーを入れて、より板を滑りやすいように皆さんオーダーすると思います。 当店では、ストラクチャーの溝も深く入れすぎないように、ストラクチャーのマークをつける石も削っています。 そうすることで、ストラクチャーの溝もほどよく板に入ることで滑りやすくなります。 水分はうまく流れながらも、ストラクチャーの溝が滑走の摩擦にならないようにしています。 年間1,000台、2,000台やるようなチューンナップショップでは難しいですが、年間500台行う当店だからできることです。 より走るストラクチャーにしているので、ぜひご体感いただきたいと思います。

エッジを手仕上げすることでより切れるエッジに!そして、錆びにくい!

チューンナップでエッジも磨いていきますが、 ・機械仕上げ ・手仕上げ があります。 当店のコースによっては機械仕上げのものもあります。 手仕上げでエッジを仕上げていくことで機会で削った際に、段々になってしまっている部分を整えていきます。 手仕上げすることで、綺麗にエッジが出て、錆びにくくなります

板を無駄に削らない!長持ちするようにスキー・スノーボードの板のチューンナップをする

当店は年間500台限定でチューンナップを行っています。1人1人、1台1台と向き合って板を仕上げていきます。 だから、板の状態に合わせて滑走面を削っていきます。 量販店さんなどのチューンナップでは、どの板の状態でも粗めのペーパーで板を削っていきます。 その理由は、チューンナップの工数を減らしてらすためです。 また、滑走面の傷がヒドイものも、そうでないものも粗めのペーパーで削ればどちらにも対応できるので、全ての板を同じ工程で作業をすることができます。 当店の場合は、板の状態に合わせて、ペーパーを変えて削っていきます。板が長持ちするように極力削らなくていいように行っていきます。

仕上げのワックスがしっかりと染み込んで滑りやすくなっている!

当店は、仕上げに「KUU」のワックスを使っています。 アイロンが低温でとけて、非常に柔らかいワックスです。 クリーニングワックスではないので、滑走性能もあがるワックスを行っています。 板にしっかりとワックスが浸透しているため板がより走りやすく仕上がります

郵送の対応をしているから全国の方より依頼が可能に!

2018年より本格的に郵送でのチューンナップのご依頼を承ることにしました。

東京、大阪などからのご依頼もいただきます。

中には雪国の北海道の方からご依頼をいただくこともあります。

当店のYoutubeチャンネルをご覧いただき、当社のチューンナップの考えに賛同をいただきご依頼をいただいています。

お近くに信頼できるチューンナップショップがない場合はぜひ当店のご利用もご検討ください。

チューンナップについてLINEで相談したい方へ

スキーやスノーボードの板の状況に応じて、 ・滑走面の傷は修復できそうか? ・エッジの焼きは治るか? ・エッジがガタガタだけど復元できるのか? ・どのチューンナップコースを選ぶといいのか? などいろいろと迷うことがあるかと思います。 以下のLINEに画像をとって送っていただければ、 板の状況をみて、ご相談にのります。 相談はもちろん無料です。 ぜひ、お気軽にLINEでご連絡ください。

チューンナップ  LINE相談LINEで相談する

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ、依頼は、0572-22-2506 までお願い致します。 「ホームページをみて、チューンナップの件で問い合わせしました」とお伝えください。営業時間は10時ー20時になります。 メールでのお問い合わせはお問い合わせフォームよりお願い致します。